crab 台風

東京都中央区にある『crab 台風』にてランチを頂きました。

こちらのお店は駅からも離れた裏通りにありますが、有名店のようで人の出入りが多かったように思います。店内はL字型のカウンター席のみで、座席数は9席ほどだったと思います。

注文は券売機にてチケットを購入して、店員さんに渡します。
券売機は「1,000円札」のみ使用可能ですので、手元の無いときは事前に両替するか店員さんに両替をお願いします。

お冷はセルフでと書かれていましたが、店員さんが入れて席に配置していただけました。

お品書き

増税前の価格ですので、最新情報はお店にて確認してください。

蟹そば+雑炊セット
980円
蟹油そば+雑炊セット
980円
蟹そば
850円
蟹油そば
850円

グランドメニューです。

ハーフ肉増し
130円
肉増し
350円
燻製うずら
110円
辛味
30銭
のり
100円
メンマ
120円
豚ほぐし
60円

トッピングメニューです。

蟹餃子
380円
雑炊セット
130円
ローストポーク丼
250円
スープ増し
130円
瓶ビール
500円
アルコールドリンク
340円
ソフトドリンク
150円
生たまご
60円

その他のメニューです。

蟹そば+雑炊セット(CRAB RAMEN WITH RICE)

まず蟹そばを食し、スープを残した状態で店員さんに雑炊を作って頂く流れのようです。

蟹そばには「のり」「燻製うずら」「穂先めんま」「極薄のレアチャーシュー」「たまねぎのみじん切り」に「マー油」と「緑色したソース」がかけられていました。
緑色したソースはよくわかりませんでした。

麺は加水率が低いパツッとした中細ストレート麺ですが、想像以上に粘度のあるスープによく絡んでいて、良い組み合わせだと思いました。

こちらのスープについては、液体とは思えないほどの粘度で、レンゲを使ってスープを”飲む”のではなく、麺に絡めて一緒の”食べる”ものだと理解しました。
蟹の風味についてですが、食べ始めた時にはあまり感じませんが、食べ進めることによってどんどん風味が増していく印象でした。

穂先めんまや極薄レアチャーシューもありますが、思った以上に印象に残ったのは燻製うずら。どちらかというと食材がうずらであることは関係なく、燻製技術がすばらしく思いました。

蟹そばの麺と具材を食べたところで、丼をカウンターに置き、店員さんに雑炊をお願いしました。

先に雑炊を頼んだ方にはご飯の量を確認していたようですが、私には未確認だったのですが、まぁ気にしません。
丼の残ったスープを別鍋に移し、少し過熱してからごはんを投入して混ぜ合わせて、別の丼にて雑炊が提供されます。

一緒に提供される薬味は、「のり」「ゆず」「小ネギ」となります。
先の蟹そばと違い、雑炊は最初から蟹の風味が感じられ、「雑炊を食べるためにそばを食べる」との表現がぴったりだと思いました。
その雑炊に薬味を加え、少しずつ味わいを変えていき、完食となります。

初見では家系を思わせるようなこってりどろどろスープのような見た目でしたが、食べてみると蟹のうま味を凝縮した濃厚スープですので、そのまま飲み干すことは難しいと思いますが、雑炊としてならば余裕で完食可能でした。

蟹そば
蟹雑炊と薬味

地図

     
バ ス電 車