田酔

東京都中央区にある『田酔(でんすい)』さんを訪れました。

こちらのお店は細い階段を上った2階にあり、カウンター席×4、2人席×5、4人席×1程度の座席数があったと思います。

注文は店員さんに口頭で伝え、お会計は出入口にあるレジにてお支払いします。

お品書き

銀しゃり定食
日本を代表する優良米「南魚沼十日町特Aこしひかり」を自家製の西京焼と焼き立てのだし巻き玉子でお楽しみください。
【花】銀鱈の西京焼き
1,550円
【月】時鮭の西京焼き
1,250円
【海】変わり種刺身(店内黒板にて)
1,100円
【日替わり】(店内黒板にて)
1,050円

◎銀しゃり盆
 ・南魚沼十日町こしひかりご飯
 ・小鉢
 ・ご飯の共(二種)
 ・赤出汁
 ・香の物
◎出し巻玉子 (注文後に焼き上げています)
◎主菜 【花】【月】【海】【日替わり】より選択

刺身小鉢
550円
単品出し巻玉子
350円
赤出汁
200円

単品メニューです。

銀しゃり定食 【日替わり】

まず提供されるのは「ご飯」「赤出汁」「小鉢(ひじき)」「ご飯の共(岩のりの佃煮・梅干し)」「香の物」となり、八寸ではなく四寸のトレイにて配膳されます。

その後、「出し巻玉子」と主菜である「焼魚」が配膳されます。
出し巻玉子は注文が入ってから作られていて、出来立てのふわふわした食感を楽しむことが出来ます。

今回の焼魚はさわらだと思われるのですが、じっくりと焼かれている西京焼きはご飯にとても合っています。

主菜以外にもごはんに合うおかずが多数ありますので、ごはんのお替りは必須となります。
 ※ごはんは無料でお替りできます。

地図

     
バ ス電 車