日本橋製麺庵 なな蓮

東京都中央区にある『日本橋製麺庵 なな蓮』さんを訪れました。

訪れた時間は夜の部が始まって少し経ってからでしたがすぐに入店出来ました

店内は「カウンター席×8」「2人席×1」、奥に「4人席×1」位かなといった感じですが、落ち着いた照明にしっとりとした曲が流れていました。

注文は着席後、店員さんに声を掛けられたタイミングで注文します。

お会計は出入口付近にてお支払いとなります。

営業時間

昼の部 11:00 ~ 15:00 (土・日・祝日は昼の部のみ)
夜の部 18:00 ~ 21:00 (スープ・麺が品切れ次第、終了)

説明書き

出汁
秋田県産比内地鶏を主として、鳥取県の大山鶏と岩手のブランド豚岩中豚を使用し、低温でじっくり抽出した淡麗スープに焼きアゴやサンマなど厳選した数種の干物でとった魚介出汁を合わせ、そこに秋田の手作り醤油「百寿」で仕上げております。


「石臼挽きちくごいずみ」
「春よ恋」
「春よ恋全粒粉」
「きたほなみ」
の選りすぐりの国産小麦をブレンドし、店舗内に設置された製麺機で毎日作っております。
打ち立てにこだわり、小麦本来の味と香りを感じて頂ける製麺を心がけております。

お品書き

支那そば
850円
比内地鶏と厳選された魚介類を、じっくり煮込んで秋田の手造り純正醤油、石孫本店の「百寿」で仕上げえたあっさりしたスープです。
醤油本来の香りと比内地鶏の旨みを十分味わって頂ける様、自家製細打ち平麺にてお召し上がりくださいませ。
支那つけそば
950円
支那そばのスープをベースに京都の「千鳥酢」を使いあっさりした口当たり、自家製極太麺でご提供いたします。
麺本来の味と香りを味わっていただけます。酢橘を絞るとさらに香りよく清涼感が増し美味しく頂けます。
濃い出汁そば
880円
濃い出汁つけそば
950円
特製トッピング
300円
大盛
100円
支那竹、海苔、味玉
100円
炭火炙り叉焼
250円
秋田小町
150円
鶏そぼろご飯
300円
炭火炙り叉焼ご飯
400円

メニューです。

支那そば

見た目から丁寧に作られていることが感じられ、上品な感じがします。

トッピングは「2種チャーシュー」「のり」「メンマ」「長ネギ」「カイワレ」「ほうれん草」。

麺は平打ちストレート麺のようであり、サラリとしたスープは絡みにくいと思っていましたが、食べてみると不思議と
スープとよくからんでとても美味しくいただけます。

異なる部位のチャーシューもあっさりとしていますが、肉の旨味も十分にあり、とてもスープに合います。

メンマや長ネギの触感。カイワレの辛味とほうれん草のさっぱり感。のりによる磯の風味味わうことが出来て、飽きることなく一気に完食してしまいました。

スープが和風のかつおを思わせる風味であり、麺があまり小麦を主張しないストレート麺だったこともあり、食べ終わった時には日本の蕎麦を食べたような不思議な感覚がありました。

支那そば

地図

     
バ ス電 車